百聞は一見にしかず!専門書だけではダメ!

家を建てることになったきっかけは、主人の両親の言葉でした。

主人は長男で、都内に持ち家もあります。

地方勤務の主人に対して、家は財産になるから…と勧められました。

まず、注文住宅の雑誌から、間取りの専門誌まで読み漁りました。

細かな知恵ばかり豊富になり、具体的構想はまとまらず、どうしたものかと、行き詰っていました。

そこまで3カ月。これではまずいと思い、

注文住宅の雑誌に載っていた、住宅展示場にとりあえず行ってみることにしました。

行き当たりばったりは危険なので、それまでの構想に当てはめてみて、一致した住宅メーカーに見学に行きました。

7社見学、3社間取りと見積りを、数回出していただき、

予算と工法で、1社に絞りました。

やはり、頭で考えているばかりでは、考えがまとまるはずがありません。

住宅メーカーの方に、いろいろな説明を受けて、実際に自分の目で見てみないことには、ダメだ!

もっと早く行動すればよかった…と、思いました。

我が家のセールスポイントは、今では主流になりつつある外貼り断熱に、基礎暖房。

基礎に埋め込んだ熱線で、基礎から家全体を暖めるので、冬はTシャツで過ごせるほど暖かです。

1階は、キッチン、ダイニング、リビング(つながって、ウットデッキ)、和室、があるんですが、和室の戸を開けると

かなり大きなひろい空間になり、リビングの吹き抜けも手伝って、とても解放感があります。

後悔のポイント、一つ目は、大きなリビングの吹き抜けです。

音が二階に筒抜けなので、子供たちの勉強に差し支えます。

二つ目は、メーターモジュールにすればよかったことです。

三つ目は、コンセントの位置です。

でも、とても素敵な家に仕上がったと思います。

カテゴリー: 注文住宅 パーマリンク