家の向きには注意が必要です

私が、広島で耐震住宅を建てたときに、注意したことは家の向きです。
南向きの家は、確かに日差しが入って家の中が明るくなりますが、夏はその日差しがとても暑く感じます。日差しが入ってこないようにカーテンを閉めるので、風の通りも悪くなってしまいます。
逆にあまりにも日差しが入ってこない家では、家の中は暗くなりますし、洗濯物が乾かず、冬がとても寒いです。
また、人通りが多い方角にリビングの広い窓をつけてしまうと、人目が気になっていつもカーテンをしておかなければいけません。わたしの家はこのタイプなので、ミラーカーテンを付けて対策はしていますが、やはり人の目が気になってしまうので、住んでみた今は後悔をしています。
家を購入する際は、リビングがどちらの向きになっているのか、玄関は開けた時に道路から丸見えにはならないかなど、少しだけ方角を気にすると、住んでみた時に快適に過ごすことができます。周囲の環境や、日の入り方を、事前にチェックしておくことをお勧めします。